日本車の脅威?それとも良いものに対する自然現象?

ここまで日本車が進軍しているとは!、その国の日本車が市場の50%以上を支配している国の数がなんと58か国。しかしこの調査は2016年で有るので、今は増えているかもしれない。その中でもトヨタだけでも47か国を抑えている。

私としては今の韓国文政権は中国共産党に直結していると思うが、その韓国車ヒュンダイ(キア)の大きなシェアはロシアで有る。とは言ってもロシアの75%を占めるシベリアは日本や韓国からの中古車市場であり、モスクワが中心だろうが、東欧はスズキがかなり入り込んでいるので、奪還時期は早いのfでは無いだろうか。

自動車と言うのは面白いものだ。昔私は大のアメ車好きであったが、時ともにベンツが好きになり、しかし最後は日本車が安心して乗れると感じている。フィリピン33年の歴史も同じで、アメ車にも乗り、ベンツにも乗り、一度だけヒュンダイも乗った。しかし結局 最後に日本車に乗っている。そうした人間の感性、安心感、その他の自然現象でもある。そうした上に築かれたマーケット、マーケットが大きく成れば中古のマーケットを構成するので、中古価格も安定し、更にマーケットが拡大する。自然現象の流れであると思う。間違いは間違いと認め、誠実にリコールも行い、人間が幸福になるように努力する精神さえ持てば、日本車は脅威ではなく、生活の一部に成っていくのであろう。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000