「心神の夢想2020」情報管理の難しさを考える。その15

私の「心神の夢想2020」を考え始め、まだ誰も協力者も居ない、土地勘もない新天地に論理的な夢を作る。これが私の生き方。1985年からの経緯は此方からhttps://www.munetomo.club/pages/1525396/shinshinnomuso 今回はその15です。

PINE GAP・オーストラリアの映画をみて、「心神の夢想2020」情報管理の難しさを考える。1970年にソビエトの弾道ミサイルの監視の為に作られた仕組みだが、今や国際通信の傍聴からありとあらゆる情報を扱う機関で、今、アメリカ、イギリス、とPINEGAPはオーストラリアにある機関の略称で、最近防衛省の大刀洗通信所もその一つである。映画の中にある問題は、今回のファーウェイ問題ではないが、サーバー上にある何かの不可思議な動きや担当者の裏事情、物語ではオーストラリアにはびこる中国諜報員との接触その他が筋書きだが、今回の「心神の夢想2020」情報管理も大きな問題となる。

一つの町作りが、今までは工場誘致であったり、工業中心の考え方であったが、今はその工業、農業、日常生活がサーバーのあり方で決まってくる。特に5Gと成った場合には、だから工場が来る。だから農業開発が出来る。だから安心した日常生活が出来る。だから高品質の教育が受けられる。と情報管理の難しさを考えざるをえない。この課題は最初に考える課題なのだろう。桜田サイバーセキュリティ戦略担当大臣にでも相談しなくては(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000