海外では真剣に考えられている未来ハウス、なぜ日本は遅れている。

JVA計画 未来の家 その1

海外では大型3Dプリンターで現場で家を作る事すら、実際に行われている。しかし、こんなに日本は災害国なのに、津波用や地震用のシェルターハウスの研究も出来ていない。災害後に人々は長い事、水無、電気無しの生活を強制される。それに対する住宅メーカーの対策は無い。それどころが5世紀も同じ考え方で家を立てている。情けない。

防衛費にばかり予算を使い、防衛の基軸である国民の安心、安全住宅研究などの民生にも予算を裂くべきで、もっと官民一体で研究開発をすべきであるが、それは民間に任せきりで、国民の安全安心な生活は何時まで経っても後回しである。早急なる対策が必要であると思うが情けないの一言である。

JVA計画・序論 https://www.munetomo.club/posts/5514031 でも言っているが、最近日本でも550万円住宅などが出来てきているが、住宅メーカーは土地を売る、住宅を売るのではなく、全て家具付きで貸すべきであるし、それが未来ハウスを想像させる要因である、未来ハウスとはその建物が40年償却するだけの技術をもって作る。市町村が運営するならば40年償却で3万円の家賃なら確実に固定資産回収より利益に成る。

この住宅は自家及び地区発電で電線が無い、水道上下水は地区で賄い、長いパイプメンテを極力抑えて、AIの管理システムを確立する。

配送用のドローンや自動配送者が家の人が居ない無人でも自動で家に届ける、又は送れる仕組みを家に備える。これはゴミ収集に関しても、無人でも分別済のゴミを回収できる仕組みを家に備える。 ゴミ問題だが、多くのゴミは食品からくるゴミが主になるので、食品の配送システムを考えると、今までは人なので、重い買い物は出来ないし、買い物途中の食品を守る事で過剰なパッケージとなり、それがゴミを増大させる原因となる。ロボットでの場合多少の重い物でも配送出来ると考えると、自宅の冷蔵庫ごと食品を詰め替えて、無人の家でも外部から冷蔵庫を脱着できれば、パッケージは無用となる。即ちごみ収集の量の削減となる。これに依り今までの冷蔵庫という概念も変えて、肉、野菜、魚、その他飲み物も、外部からの脱着型の形が必要となる。又洗濯も洗濯屋のランドロイドに任せ、これもロボット配達で家の収納に綺麗に入れたい。

2020年からスタートする5Gは、上記のことが簡単に出来るようになるし、なるはずだ。


Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000