22世紀・交通事故死0を目指す社会。交通手段と機能は

JVA計画 未来の交通手段 その1

1970年台日本の交通事故死は1万7千人に達したが、その後警察や地域整備で2018年の交通事故死は3,532名まで減少した。しかしご存知のように交通事故死統計は、事故後24時間以内の死亡であり、交通事故発生件数は43万0,345件 で負傷者数(概数) 52万4,695人で、年間約70万人が車両という物によって傷つけられている。

いくら車が進化したとは言え、2000年前と同じく車輪によって道路を走り、自動車となって100年、未だに人と車が同一線上を走行している。車輪があるから道路が要る。道路があるから信号や歩道橋が必要になり、その補修費用は膨大な金額になる。

物資の高速輸送に高速道路が出来るが、その建設費用や補修費用で高速道路料金が出来て、物資の価格を引き上げなくてはならない。

この問題を考えるに、既存の自動車会社、道路建設会社という大きな力が、政治を動かし、既存の考えを変えようとはしない。しかしそのために年間70万人が犠牲となる。仕方ないで良いのであろうか? ちょっと目先を変えると、これは0になるのでは?それが人間の知恵である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000