論理原理なきフィリピンの人災 その1

週一回、朝の6時うちのカブヤオに向かうのですが、普段は6時にBGCを出て、途中で朝食をしなければ、6時40分には現地に着いているが、昨日は人災渋滞で40分が1時間30分かかった。マニラの渋滞は徳川家康のような論理が無いマニラでは仕方ないが、高速料金を払っているのだから、その権利を使いやすくするのが道路を管理している者の義務だと思うが。。。高速なのにご覧の様に登り車線が混むからと言って、下り車線を一本使って、登り車線の車を通すなんて、一般の交通整理員が使う馬鹿なサル知恵手法で、幾ら先に行かせても、その先が詰まっているのだから、更に混雑を大きくする原因だし、事前に何の標識も出さず行うことは、非常に危険極まりないと思う。それが故に下り車線を走る車に30分以上の負担をかけて、「申し訳ない」の一言も無い。それがフィリピンだと33年思ってきたが、同時に今までは、何時かは改善すると思っていたが、「フィリピンにいる私が馬鹿よね」の世界である。登り車線の車にも、下り車線の車にも、高速を使う便利さ速さでお金を払っている。勿論 論理なき渋滞のマニラに入る登り車線の渋滞の酷いことは当然で、これを解消する為の環状3号線の建設を急がねばならないが、政治屋のポッポで10年が過ぎても未だに道路自身がデコボコで、その道路から接続道路の多くも。未だに未開通である。まあ最もこのメインの高速でも、車内で飲み物を飲めないガタガタ道だが。。。

BGCやマカチィでは走っていても、駐車していても、1日に車にホコリが、雪のように積もる。毛ハタキでホコリを毎日落とすが、スモッグと混じり合ったホコリは、へばりついて落とせなくなるので、仕方なく最低月に1度は車のシャンプー丸洗いをするが、ここでも人災洗車。お前汚い雑巾でフロントガラスを拭くなよ。で仕方なく洗車のあとには自分でまた拭かなくてはならない。論理原理なきフィリピンの憂鬱の日々。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000