論理原則なきフィリピン、その2。フィリピン最高とされるBGC都市開発、しかしやはり価値がない。?

論理原則なきフィリピン、そのフィリピン最高とされるBGC都市開発、だから私も仕方なく住んでいるが、よく見ると日本人の論理原則から言えばクソ都市開発である。こんなものに価値はない。ものには何でもコンセプト(論理原則)が無いものは、滅びるし、付加価値を生み出すこともない。以下のビデオは東京である。旋回話したようにマニラの土地の価格は東京と変わらない、特にBGCで売っているマンションは東京より高い。こんな可笑しな話は無い。その上BGCの街は、東京都は比べ物にならない幼稚な作りである。ただフィリピン他の場所が余りにも酷いので、比較論でここが1番と言っているが、東京都比べたら、いや比べることすら出来ない、クズの街である。

BGCに電車の駅があるのか? 無い。現在走っている電車は、私の知る限り、昭和26年の東京と比べても路線が少ない、便数もまったくない。東京は1927年 昭和2年に地下鉄は出来ていて、私は小学校(1959年 昭和32年)に一人で地下鉄に乗って通っていた。

今はご存知のように、地下鉄が多すぎて都心では歩いて5分以内に地下鉄の駅がある。都バスも都内に1500の停留所があり、スマホから正確な到着時間が解る。

ビデオの最初に車が駐車場から出てきて、手前で止まって、ブザーと視界の広がりで歩行者をひかないように作られている。BGCやその他マニラのビルは、酷いもんだ、ケチって作るから、やっと車が上がる急なスロープで、そのスロープが終わっか所に既に歩道がある。その上その出口は両面が囲われていて歩行者が見えない。車が勢いをつけて登った所に歩行者が出てきたら、誰が責任を取るのか。また歩道は広く、自転車と歩行者に別れている。しかしBGCはそれだけの歩道があるのは、5番通の片側だけ、それ以外は、二人で話しながら歩いたら、向こうから来た人と正面衝突、勿論自転車は無理である。また車道も片側2車線なのだが、東京は2車線だが1台駐停車しても、交通の邪魔にならないように2車線は確保完全に確保されている。BGCで3車線の車道を有する道も3箇所あるが、車が駐停車したら、使えるのは2車線になる。最近一方通行にしたが、10年前最初に、何故こうしたものが作れないのか? 都市開発は100の計でで東京は明治時代に青図が描かれていた。即ちこの国にはそうした人物が居ないという事で、論理原則なきフィリピンなのである。

そんなBGCに10年後の価値を見出すことは絶対に出来ない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000