宇宙の覇権争いは既に始まっている。

国際宇宙ステーションは1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。

しかし、日本としてはこの間に独自のロケット技術を身に着け、2024年まで老朽化している国際宇宙ステーションを放棄せざるを得ない。又同時に、日本独自の次期宇宙ステーションを作るか、何処かと共同運営を行う事で、少なくとも2022年までに結論を出すことになろう。それまでに荷物ではなく人間を打ち上げる「こうのとり」改修版を作る必要はあるだろう。また南極基地ではないが、月面基地に着手するべきなのか? 宇宙ステーションもそうであるが、今後の宇宙開発をするのに、重力が大きく、空気のある地球から行く、帰ってくるには障害が大きい。むしろ宇宙ステーションや月面基地から行ったほうが効率的ではなかろうか? 現に国際宇宙ステーション日本棟からは、マイクロ衛生の発射実験を行っている。これも楽しい大きな動きである。中国は今 独自の宇宙ステーション計画を進め、前回は月面着陸を果たしている。月の南沙諸島を目指しているのか😂

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000