フィリピンに居る元在日の方の力は強い、日本人も見習うべきである。

私は以前よく、フィリピンに居る元在日の方のやっているパンパンガ(アンギレス)のやさい畑を見に行ったことがあるが、素晴らしいビニールハウス農園で、それが広大な土地を利用していたので、何時もその手腕に感心していた。 

前にも言ったBGCで日本レストランをやっている元在日の方の手腕がすごく、富士そばですら撤退するBGCで、この店だけは確実に利益を上げている。しかし韓国は今非常に厳しいようで、韓国に2店舗、日本に1店舗を持っているようだが、先日韓国の1店舗を閉鎖したようだが、しかし厳しさを増すBGCの店は順調である。

BGCには日本食材店が無い。それゆえに昨年、日本の方で宅配日本食材店をオープンをすることでお手伝いをして、ショッピングサイトも家で作り宅配倉庫兼事務所も契約をして。車両も購入、さてオープンという段階で、「その日本人が雲隠れ」、あとで分かったが、その方が違法とも思える状態で金を集めていたようだが、それがバレそうになっての雲隠れ😂

日本人困ったもんだ。うちへの会社設立資金も踏み倒された💧 しかし絶対これは成功するはずであったので、残念であるが、じゃあ私が後をとは思えないのも、前から言っている様に、お助けはするが、自分ではやらない主義なので仕方ない。

さて、韓国系のグロッサリーで売られている「こしひかり」や「ささにしき」、パッケージの赤い部分が韓国語に成っている。日本人がやっていれば、韓国語表示は絶対にないから、調べてみたが、会社案内に役員名はなく、農地で使っている収穫機も日本製ではない。フィリピンは現地社長を知っているがクボタが強いが、クボタでは無い。 まあパンパンガ同様に在日の方がやっているのかしら? しかし商標登録はどうなっているのかしら???

まあ私には関係ないが、このお米ははっちんなどに売っている日本からのお米と違い、お米を炊いた翌日に少し異臭があり、ネチャネチャになる。まあ炊いたときは良いのだが、これが不思議で仕方なかった。前はBGCのコーリアグロッサリーでお米は重いのでこれを購入していたが、今ははっちんで日本からのお米を使っている。勿論価格は高いが。。。

しかし、なんで日本の名前を使うのか?もし韓国のお米が良いならば、韓国語で売れば良いし、それが良ければ、私は買う。しかし、フィリピンに居る元在日の方の力は強い、日本人も見習うべきである。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000