時の流れは早い。日本から始め35年の介護事業から撤退。でも一流新聞に一面トップ記事3回を飾り、NHKで特番等まで、お騒がせしました。

まあ自分勝手な発想で家族にも迷惑をかけ(とは言え子供二人は学習院初等科、慶応幼稚舎から大学は出したが)日本から始め35年の介護事業から撤退。でも一流新聞で3回も一面トップ紙面を飾り、NHKで特番等でお騒がせしました。しかし新聞でも雑誌でもテレビでも、本でも、テレビには何回出演したことか。。。ウオールストリートジャーナルにも出た😂 しかし、世界情勢が変わり、アジア情勢も変わった、そしてフィリピンでも、今、日本の介護は日本でやるしか無い。これが私の今の結論。先日、今でもおられる入居者8名を交えて、私の意見を伝えた。勿論出て行って欲しいとは言っていない。しかし、もう高齢者がフィリピンに居るメリットが無くなった。フィリピンはすべてが日本より質も無いのに高くなった。一番最初に出版された退職者フィリピン移住の小松崎さんの著書「マニラ極楽暮らし」専属運転手、メイドを2人使って10万円前後で生活で出来る年金者天国(1999年)、しかし、その後の本「海外リゾート生活術」では月額生活費が20万円に成っています。今や東京に暮らすのと同じか、高いかまでの状況が変わっている。

まあ日本でやっていたら、一流新聞で3回トップ紙面を飾り、NHKで特番等は無かっただろうが、皆様を大変お騒がわせをしてしまい、大変申し訳無いと思っています。

「時の流れに身を任せ」こうは思いながら、もう一度何か別のことをしたいと思う自分がある。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000