人生は所有からシェアへ。愛車も処分しよう。

MRS 2000年モデル。10年前に日本から購入、フィリピンは中古の自家用車の輸入は今から12年前にスービックでは禁止、その後カガヤンでの輸入を2年ぐらい行っていたが、それも禁止で、今は中古のトラック、バスだけが輸入できる。まあこれはデイラーが強くなり新車の販売が行き届いたのでの処置。私はスレスレでこの車を購入した。以前は常時2台の車を持っていたので、サブ的に使っていた。その後5年ほど、あまり車であちこちに行くことも無くなったので、この車だけを使っていたが、昨年新車を購入したので、またサブと成ったが、以前はマカチィのマンションが2台のガレージが有ったので、良かったが、今はそこを貸しているので、BGCで1台の駐車場を借りると1万3千円位だが、勿体無いので、今は自分の施設内駐車場に停めている。(元の救急車駐車場)

しかし最近思うことは、人生は所有からシェアへ。所有する必要が無いものは無くす。であるので、これも処分しようと考えている。このMRSは1600ccのトヨタの通常のエンジンで、ガソリン張飛は最高に良い。一番問題は電気系統だが、普通フィリピンのトヨタの販売修理店は、日本から持ち込んだトヨタ車は受け付けないが、うちはトヨタの販売店の顧問なので、どうにかお願いして、修理をお願いして5年。すでに電気系統。シンケンシャルのギア関係はすべて交換したので、運転上の問題もなく、エンジンも好調である。ただエアコンコンプレッサーを中古で買ったので、そろそろ新品に変えなくてはならないが、まあ2万円程度で変えられる。人生は所有からシェアへ。所有する必要が無いものは無くす。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000