まあ積んだな。この勝負。

はは、韓国車フィリピンでの勝負は終わったな。しかし韓国車頑張っているよ。たった1社(KIAはHYUNDAIの子会社)で乗用車部門で28種類の車を売っているのだから、大したもんだ。しかし、車種が多いいのは、それだけコストもかさむ。HYUNDAIは昨年下半期から赤字に転落しているのは、こうした無理があるからであろう。多分フィリピンで10%前後の販売台数と思えるので、約2万台の販売だろうが、10種類以下の販売でないと、販売コストが利益を上回る事は避けられない。その点、トヨタは50%以上の市場を持ち、10~12万台販売しているが、20種類しか販売をしていない。どちらにしても小さな市場で、日本で言うなら、県単位の販売だが、フィリピンが日本の県にも成っていないのだから仕方ない。世界中この日本の8メーカーと韓国の1メーカーの戦いだから、韓国は利益を出すなら縮小以外に道はない。2020年に向けて日本車は大幅なNEWデザインとアイデアが出揃う。しかし韓国車で調べたが、それ程の転換は出来ないようである。

私が日本側に言いたいことは、何故アジア向けのGPSやカメラを搭載したタクシー専用車を作らないのか? 前から思っていたことだが。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000