韓国の労働組合と言う名のファシズム。韓国有識者の苦悩。

いやこう理解すると、答えが出て来る。韓国の労働組合というのは日本の労働組合とは全く違うポリシーを持っている。組合は会社の横暴な首切りや配置転換に対して、個人では反発できないが、そうした時に群れをなして対処する。しかし賃上げ要求は会社無くして、給与は無いのだから、会社の利益内での交渉となる。これが我々が考える労働組合となるが、韓国は労働組合の考え方はファシズムであり、そこから生まれた文在寅大統領は、その独裁者とは言わないが、その代弁者であることは間違いない。韓国の労働組合の幹部がゲシュタポのような役割を持ち、本来の民主的な労働組合ではなく、「国民が豊かになるにはまず国家に権力や富が集中する必要がある」との妄想に駆られ、同じ北朝鮮の労働党とは同調できるのでは無いかと同じく妄想し、韓国経済・政治を牛耳る財閥の解体を目指しながら、同時に財閥の富を国民に下ろしたいと思っているように思える。今やハンジンは解体され、アシアナ航空を保有する(クムホ)アシアナグループが15日、同航空の保有株式の売却を決定したと発表したのだ。これに伴い、同グループは「事実上解体、韓国経済の50%を支えるサムスングループも収益悪化が進んでいる。現代グループ、ロッテグループもかつての輝きはを失っている。もし、こういう韓嫌状態ではなければ、日本やアメリカ、欧州が財閥に手を差し伸べるかも知れない。そうなれば、韓国の財閥支配は継続する。 文在寅大統領は 「肉を切らせて骨を断つ。」と言う孤独なゲームを楽しんでいるとしたら、この先の国の経済破綻をむしろ味わい、その後に財閥無き韓国を創生しようと思っているのかも知れない。

そうでなければ、GDPの8割を支える財閥と組んだほうが簡単である。しかしルノーサムスンやその他での労働組合を使ったストライキは、何かの糸があるようにしか思えない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000