「特定技能」日比調印で活気ついてきた日本への送出し。

フィリピン政府と日本政府の「特定技能」という新制度の正式調印を受けて、日本行きの話が一気に高まっている。

今までの技能実習制度は、技能を習得するために日本に行く。その為の制度であった。そこには日本側の管理団体を通して、企業側に派遣という形で、管理団体が派遣会社と同様に外国人を監督するという形態から、「特定技能」は企業が直接外国人を雇える形で、故に外国人の管理責任は企業が行う形である。企業が日本にあるフィリピン領事館にある。出先機関のPOLOに登録、許可を得て、フィリピン国内にあるPOEA( Philippine Overseas Employment Administration)認可の海外送り出し人材派遣会社に人選を頼み、受け入れる形になった。うちは、このフィリピン人の語学や技能研修のために、一般の研修場は何処かに教室があり、そこにフィリピン人研修者が通うという形態が一般的だが、これでは、集中して研修ができないし、ちょっと地方の子では通えないというデメリットを、全寮制で引き受けて、研修の効率化、研修生負担の軽減という形で引き受けている。研修生寮、先生の寮、そして教室を備えている。うちの第一ビルでは一昨年暮れからドイツ行き研修生を120名預かるところからスタートし、改築増築を重ね、現在は研修生260名収容、先生14名、14教室を備えている。思っていたように今回の「特定技能」等のことで、日本行きの研修者も増え、既にスタートしているのも含め5月6月には満杯状態になる。これは既に契約を終えているフィンランド向け研修生の為のスペース(9月から)を確保しているからだ。

そこで昨日からうちの第二ビルの改修工事をスタートした。こちらは現在80~100名がすぐに入居できるが、今日本の大手からも引き合いがあり、現在1500平方メートルの建物だが、敷地はあるので、あと5000平方メートル増築を行い、600名~700名の収容が可能な施設にする案が浮上している。2ヶ月半あれば建つので今検討中である。

そうすれば、第一号ビルと第二号ビルで約1000名となる。そうなると食事だが、今は1日3食で5~600食を作っているが、1日、3000食を作るとなると、ちょっと頭が痛い。😂

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000