スマホは使うもので、使われるものではない。スマホ・ドーパミン依存症。

いやフィリピンでも片手にスマホを持って移動している姿が多い。私は何でも人より早く始めるので、今やスマホには興味がない。今のこの馬鹿な形態のスマホをもう買いたくもない。結局自分のそばに友だちが居て、おしゃべり感覚なのだろうが、いつも誰かと連絡し合うドーパミン依存症に近い。ご存知のようにドーパミンは脳の伝達の働きを活性化させる。アドレナリンやノルアドレナリンの分泌前のものですが、これにより脳に快感を与え、人を奮起させる事が出来ますが、逆に異常になりすぎると「脳内麻薬」に成ってしまいます。

心理学者アルフレッド・アドラーの言葉を借りれば、承認要求を捨てること。即ち安易にひと目(人の目が注目している)をスマホから簡単に入手して、何時でも人からの承認や認めて欲しいという欲求を満足させる。さらに言えば、人が作り出したゴールを自分のゴールの様に成ってしまう。例えばこうしなければお金も幸福も得られないとか。そして他者の評価に怯える。貴方の人生なのに、他者の期待を満足させる為の道具に自分がなってしまう。現在のスマホいやSNSやその他のアプリやゲームとはこうした危険性があると私は思っている。

心理学者アルフレッド・アドラーの結論同様に、人生は人との競争ではない。如何に貴方が満足するかである。故にそこに現れる「他者」は「仲間」であり、競争相手ではない。そしてその仲間に「貢献」することが必要である。スティーブ・ジョブズもはっきり言っている「人からの自分の承認は意味をなさない」。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000