アヤラお前もか?信頼は拡大と共に失くなった。

アヤラというのは規模こそ子供だが、フィリピンのマンション業者のイメージでは三菱地所、三井不動産という位置づけで後は昔のライオンズマンション、レオパレス21級である。BGCに越してきて5年、最初の4年はメガワールドが作ったマンションに居て、ゴキブリやダニに悩まされた。それは床コンクリートの上にパイプを通す隙間を開けて、その上にベニヤ張りのため、その空間にゴキブリやダニが住みつき、その上巾木がすぐ割れてゴキブリやダニが部屋に入ってくる。いくらテープを張っても入ってくる。また廊下はそのベニヤの上にタイルを貼ったので、ミシミシ音がして、所々タイルが割れる。という状況だったが、まあ賃料が4万5千円だったので我慢していたし、アメリカ人オーナーが気を使い毎月ペストコントロールもしてくれた。しかし1年2ヶ月前にアヤラのアビダという物件に越した。前のマンションも今も同じで、1日中エアコン(インバータ)点けっぱなしで窓を開けない生活なので、ゴキブリが入ることは考えられないが、前に説明した通りで、玄関のドアの下の空きから、結構大型のゴキブリが入ってくるので、ドアにメジをつけた。😂 今回のアヤラもドアの下は以前よりは良いが隙間があるので塞ぎ、完全な密室だと思っていたが、小バエやゴキブリが現れる。ここは上も下も横も軽量気泡コンクリートで囲まれているので隙間はない。しかし答えは簡単。下水口から上がってくる。仕方ないので写真のように下水溝4箇所をふさいだ。💧 

しかし、前々から言う30歳前の若いフィリピン人は全く責任感が無く、多分1ヶ月毎のペストコントロールをしていない。管理もちゃんとした引き継ぎをしない前任者も引き継いだが者も何も知らない。管理おそ末集団。しかし今回この件では、訴えようかと思っている。うちが直接訴えるとアヤラの顔を潰すので、アヤラの弁護会社シーシップに話して、内部問題として、詐欺罪で刑事事件として訴えさせようと思っている。添付した資料は1年分の電気代、水道料金の1年間の推移だが、3ヶ月前から水道代が今まで300ペソが急に900ペソに上がってから不審に思い、問い合わせたが2ヶ月返事がなく、仕方なくすべてのデータをグラフ化して驚愕の事実が発覚。 当然使った立法平米、KW/Hに一定の決められた金額をかけて、使用金額を出すが、1年間の固定されてるべき金額が月々違っている。あるときは使用量が増えてるのに、金額は減ってたり、逆に減っているのに、高くなっていたり。また水道料は3ヶ月前から規定料金自身が3倍近く上がっている。これは集団詐欺である。

こんなことをアヤラがやっていると言われたらアヤラの信頼に関わるが、担当副社長を含めて、今のフィリピンの大会社はすべてこうである。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000