中国海軍、戦えるの?密輸取締軍艦が密輸?

中国、2008年9月、中国大手乳製品メーカー「三鹿集団」が製造した粉ミルクに、結石などの病気を引き起こす化学物質メラミンが混入し、粉ミルクを飲んだ乳児1人が腎臓結石で死亡したほか、5万4000人の乳児が腎臓結石にかかり医療機関で治療を受けた。うち、1万2892人が入院し、重症患者は104人。中国政府によると、メラミンは「三鹿集団」のほかに21社の粉ミルクからも検出されたとのこと。中国国内の粉ミルクの5割以上から有害物質メラミンが検出される事態になり、各社は汚染ミルクの回収を始め、スーパーの店頭からほとんどの中国産粉ミルクが消えた。また、中国政府は国内大手牛乳メーカー「蒙牛」「伊利」「光明」が製造した牛乳からもメラミンが検出され、自主回収を要請したと発表した。混入の原因は、酪農家が絞った牛乳を水で増量し、そのために不足したたんぱく質の比率を高めるため故意に有害物質メラミンを混入したことによるといわれている。同じくアメリカ向けペットフードからも検出され1000匹以上のペットに影響が出た。故に私は中国産加工食品は口にしないが、フィリピンでも多くの食品に添加されている。

故に今中国では国産ミルクを使う人が減って、オーストラリアやニュージーランド産のミルクが高値で売れている。故にオーストラリアやニュージーランド産のミルクの中国人の爆買いが増えている。中国国内では買った金額の4倍で流通している。

そこに中国の上陸用急襲艦が前ぶりもなしにオーストラリア港に立ち寄った。オーストラリア政府は驚いた。しかし彼らがやったことは、前もって頼んであったオーストラリアやニュージーランド産のミルクを大量に船に持ち込み、立ち去った。この船はジブチで麻薬取締の役割を終えての帰途の途中に立ち寄ったのだが、完全に密輸で稼ぐ目的としか考えられない。まあ普通の人が、旅の途中で少し稼ぐかと立ち寄るなら良いが、これ軍艦だよ。通関で税金払わないよ。結局密輸。麻薬も密輸してなければ良いが。。。

こんなんで戦えるのか?😁

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000