積層セラミックコンデンサー:MLCC (Multi-Layered Ceramic Capacitor)が次なる韓国への輸出規制になる?世界シェア日本が80%。

積層セラミックコンデンサー:MLCC (Multi-Layered Ceramic Capacitor)とは、セラミックスの誘電体と金属電極を 多層化(積層)することで小型・大容量化を図った、チップ型コンデンサーです。

雑音を抑制する目的や回路定数を設定する目的などで、ほとんどの電子基盤に搭載されています。 例えば、携帯電話機1台当たりの搭載個数は100~300個ですが、自動車では通常のガソリン車は2,850~4,000個、ハイブリッドカーは4,300~5,700個、電気自動車は5,100~6,500個となっており、電動車は大量のチップ積層セラミックコンデンサを使います。と需要はうなぎ登りだが、村田製作所、SEMCO、TDK、太陽誘電、アルプス電気、京セラの製造が追いついていない状況である。他の20%に当たる部分もアメリカ企業その他だが、日本の特許の元で作られている。

即ちこれは韓国では作っていない。サムスンの携帯もヒュンダイの自動車もロボットなど機械産業も、これ無しには作れない。

こう考えると日本は限りなく強いものが多くて、どれからか?と考える状況であるにも拘わらず、なぜ韓国強気なのか、判らない。無知なの?😁

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000