考えを纏める言語とは何か?教育に与える影響。

何度も言うが、なぜフィリピンの教育レベルがアジア1位からバングラデッシュに並ぶ最下位に成ったのか、でもプライドは高いのは何故か? では韓国はどうなのであろうか?

今回のGSOMIAを破棄したことに対して米国は "strong concern" and "disappointment" at South Korea's decision to terminate its intelligence-sharing pact with Japan.と「失望」したと発表したが、「失望」とは「望んでいた事を失った」と言っている事に韓国人の反応は米国が韓国を「非難」したと騒いでいる。なぜ「望んでいた事を失った」という事が「非難」になるのか、「失望」と言われたら当然にその望んでいた事を再度考慮し、改める事は改めて離しましょうとなるのが普通と思えるが、韓国の今までの日本に対する対応もそうで、我々はそれを「火病」と呼んでいるが、しかしそれはハングルという音だけの文字から来るのでは無いだろうか、中国人が漢字が無いからだと言うが、日本語を考えると、漢字、ひらがな、カタカナと細部に分かれ、漢字の読み方も時相応に変化する。日本人は古文も勉強するので、文字の持つ深さを理解できる。この深さの部分は教育に与える影響には大きいのでは無いだろうか? 13世紀までは粗野で有った英語もノーマンコンケストによりフランス統治下でフランス語の持つ奥深さが加わり、16世紀のシェークスピア等で磨かれ奥深いさが充実した言葉に成っていった。「好き」と言っても「嫌い」と言ってもその中には深い段階があり、時にはアイロニー(比喩)であったりもする。しかし、言葉は悪いが「単細胞的な言語」では理解が出来なくなる。使う言葉は違っても、その人の脳を使う部分が何の言語かによって、一層思考の奥行きが違ってくると思われる。

私はフィリピン言語のタガログ語は34年いて一切使わない。タガログ語の中にはスペイン語から来る奥深い言葉も多いいが、最近は一切なく、「単細胞的な言語」に成っている。幾ら表面で英語を使っていても。脳のソフトウエアーの言語がタガログ語であれば、感じ方は違ってくる。もし私が昔のフィリピン人に「失望」したと言ったら、反省をしてくれたが、今のフィリピン人に「失望」したと言ったら、翌日にはもう来ない。今の大学出のフィリピン人の脳のソフトウエアーの言語はがタガログ語なのである。悲しいが仕方ない。それが支配された国家のつまらない、気勢をはった「民族主義」である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000