マニラ男の手料理・今週は気が乗らず簡単なもの。

今週も来週もお客様が多く、料理にあまり気が乗らず、結構仕事をしてしまった。

まあ故に簡単なすき焼きやネギチャーシュー丼などや、ベーコン・マカロニグラタンや茶碗蒸し、吉野家そっくり牛丼とナス田楽、牛丼は上手く行った。その他に焼き肉と野菜フルーツサラダ、手羽先やコロッケなど簡単なもので済ましてしまった。

まあ来週も結構外食が多い。お金をもらわないコンサルなので、食事はゴチになるケースが多いので私の懐には関係ないが、しかし外食は高い。それから前回美味しかったので、どうですかと誘えば、ああそれで良いですよと言ってくれるので、行ってみると、オープン2ヶ月の日本からの外食チェーンだが、え!何この味。たかがとりカツ定食だが、味がフィリピン。揚げた殻はガツガツで固く、中身は、なんで甘いんだ?横のサラダにかかるサウザンアイランドのドレッシングも甘い。食べられない。あんまり私が文句を言ってたので、お客さんも食べて、一口で残した。結構あちこち行ったので解ったが、2年前に出した「てんや」もなかった。BGCは富士そばでも撤退するが、幾らチェーン店でも、フィリピン人がすぐに味を変えるので、現地ローカル運営会社のマネージャーは少しでも抜こうとするし、味おんちなので、パン粉はローカルになり、自分な好きな甘い味に、お客さんから言われると、コックに言って勝手に替えてしまう。やっぱり手料理が正解。外に出て酷くなる現実を見ると手料理の背中を押される💧

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000