前にも言ったが、「仮想敵国・韓国」の線で考えが動いている。フィリピンに米軍が戻ってくる。

前に「韓国には軍事的要因で気をつけなければならないと」言ったが、今回のニューヨークに於ける「文大統領の発言やトランプ大統領との会談」から韓国の対米同盟からの離脱への方向性が明白になって来た。既に韓国が中国の支配国に成り下がれば、「仮想敵国・韓国」となりうる。この場合、アメリカ軍の協力の元に日本は竹島を奪還。防衛線の拡大と同時に尖閣諸島を台湾との合意を受けて、米日の防衛線に組み込み、米国は、日米の経済・軍事協力からフィリピン・スービックに米軍基地を戻し、南沙諸島へのにらみを効かせる。この場合、フィリピンの持つ大きな中国への負債問題では、中国RMBの貨幣価値を落とさなければならないが、イギリスのEU離脱から香港への介入によって香港を押さえれば、中国通貨の価値は事実上無くなる。(ドルに交換できない通貨になる)このシナリオを元に、日本を訪れた、ドゥテルテ大統領は米軍基地を戻す為の、中国からの制裁に対しての資金繰りを相談していると思われる。勿論 IMFもADBも承諾する方向だろう。なにしろフィリピン・ペソは外からの資金なくして、活きられる通貨では無い。

しかし、中国は既に「世界の物作り工場」では無く、国内投資のすべてが赤字体質で、債務合計が3000兆円を超えている上に、国外債務を含めれば5000兆円を超えているので、フィリピンに対する債務が、値引きされても戻ることは、今の資金繰りでは嬉しいかも知れない。😁

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000