なぜ世界は中国に平伏していくのか? We are becoming like China,

Dr. Victor Davis Hason 米国スタフォード大学のフーバー研究所 によるこのレポートが今話題になっている。その前に日本語訳というのは原文とは全く異なる事に日本人は気が付かねばならない。今や映画や本は原文なくして、日本語で読める。日本人はそれで原文を呼んでいると思っているし、的は外れていないがニュアンスはかなり違う。なぜ世界は中国に平伏していくのか?あ日本語訳 We are becoming like China, Than China is like us.が原文。日本語訳は原文が言わんとする結論を題名にしている。しかし著者の論法は、頭の思考回路は英語であり、ここが日本人が米国に負ける部分である事も考えなければならない。

We are becoming like China, Than China is like us.の原文を直訳すれば、我々西洋は中国化されている。中国が西洋化されるよりも早くに。となるが、ここがポイントでなぜ世界は中国に平伏していくのか?では無い。

それは置いといて、彼が言いたいことは、こうした論理のベースから導き出された結論は「西洋は中国に対して間違った味方をし続けた」となりこれは「中国が発展すれば、政府共産党も日本や台湾の様に変わって行くだろう」と勝手に考えていた。即ちWe are becoming like China,である。しかし中国は西洋のルールを守らずお金に突っ走り、しかし共産党独裁は全く変えていない。Than China is like us.である。共産党は独裁を強め人々を弾圧し続けている。故にこの西洋の間違えを今正す時が来た。と結論付けている。日本人的結論から言えば、中国、韓国は同じ平伏し外交で排除せねばならない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000