韓国の異常な経済は何処から来るのか。

ソウル市内の不動産価格は例ではあるが一坪あたり1000万円近い水準。前に日本のバブル時代で目黒の土地を例に挙げたが、私が学生時代に買った時が坪40万円、それが15年後には650万円までに上がったが、今は100万円以下である、日本の例を見ても分かるように、この間に12有ったメガバンクが3つに成った事は記憶に新しい。

しかし若年層の失業者は25%以上、それをカバーする為に60歳以上を役所の仮職員に採用して失業率を水増しするフィリピンと同じ手法(笑)。70%の家庭が超過負債に陥り、特政令まで発動している。住宅ローンも日本の様に元本返済型では無く。金利支払い型でも良く、金利が払え無くなたら追加融資も行っていた。(笑)😊

其処へこの度は、住宅ローンの新規申込の抑制、2戸以上の保有制限、借り換え、付け換えの禁止、一定地域に於ける売買上限の設定を一気に行った。大丈夫なのか? これでバブル崩壊が激しければ、このゲームに参加している人は一気に追証となり、国民が超超過負債に陥り、銀行から借りれずに、金利が20%以上の借金地獄と最終的には浮浪者となる。

そして欧州を真似(パクった)した、大型給与引き上げと週の労働制限。実際韓国に住む人から聞いたが、初任給が33万円以上になったが、しかし物価高(日常生活品)とバブルによる家賃高(15万円以下の家賃は無い)という事から、生活は苦しく成ったとの事。実際日本の期間工は手当その他で手取りが30万円を超えるが、工場は地方にあるため物価は安く、寮などもあり家賃は5万円前後のため、余剰金があるために、皆が車を持っているが、韓国では可処分所得が無い為に車も買えない状態である。

そして今、韓国は既に日本の戦略物資を横流しして、ホワイト国停止をされ、財閥企業と言えど日本の部品を使って組み立てる二次事業者だが、日本からの潤沢な部品も入らず、世界市場は縮小という二重苦で利益は半減以上で有る。即ち韓国政府の収入源70%の財閥企業の衰退で税収入は当然に落ち、韓国の場合の国債は外資に頼っている関係もあり、国債も消化できない事態になると予想される。その上イランに対する原油未払い代金の7000億円問題や、米軍駐留費の増額など多くの問題が山積みである。

その上、安倍首相のおひざ元山口県に集まる半導体企業や外資マイクロンも本格的稼働時期が2020年で有り、JOLEDは、石川県能美市にあるJOLED能美事業所に構築し、世界初の印刷方式有機ELディスプレイの量産ラインの稼働を開始している。またJDI、韓国・中国には無い次世代ディスプレイ「透明液晶」の開発が進み、量産を急いで再起をかけている。

2011からサムスンのアップルからの特許侵害の訴えが出ており、この事からアップルからの信頼を失い発注額が減少しているサムスン。これは韓国には関係ないが、その後アップルは台湾フォックスコン(鴻海科技集団)にサムスンから下請けを移して行ったが、その台湾フォックスコン(鴻海科技集団)が中国共産党から多額の援助金を貰い、中国に工場拠点を移しているが、その一つの工場での「30億円相当の横流」が今年発覚した。アップルのファブレス「工場」を持たない会社、それも巨大化しすぎた結果の問題点が浮き彫りになった。

しかし、韓国は今非常に厳しい状況であることは間違いない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000