日本人男性は海外でモテないわけがない!

最近Bappa ShotaとかHarukiはるき、ヤマカイTV Japanese ver等の外国人女性、白人女性と同棲している日本人男性のユーチューバ―の作品をよく見ている。Bappa Shotaは特に面白いのは彼のキャラ。スペイン語が堪能で、スコットランド人の彼女によって英語もかなり磨かれている。俺も若ければという思いもあるが、日本人の若者の中にもこうした日本人が育っている事をうれしく思う。このスコットランド人彼女は読書家でインテリ、他の2つの彼女も真面目でインテリ、彼がこのモテる方法でも言っているが、世界共通「女性」は男性の面てずらを見ているのではなく、内面的にあるものを見ている。しかし、初対面では解るはずがない。初対面から次に移していく何かが必要である。卵が先か、鶏が先かではあるが、失敗による何かが必要だし、失敗するには何かの行動力が必要である。(笑)

しかし、見ているとヨーロッパやアメリカの実際を目線で見られるのも有りがたいが、国際結婚同棲組の一番の問題点は、「食」である。まだヨーロッパ人は良いが、中流ヤンキー娘はケチャップ文化で「食」の奥行きが解っていない。これは一般的フィリピン女性でも同じではあるが、1日3食食べる「食」は大きなストレスを両者に与える。しかし若いのだから大いにやれば良い。しかし私の周りにも多いが、アメリカ人女性と結婚した場合、日本人男性側に資産があった場合、離婚時の争いでは、けつの穴の毛まで抜かれることは覚悟が必要だ。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000