フィリピンの対人車両事故の限界って50万ペソ(100万円)までと法律で決ってるんだ。知らなんだ!

はは、フィリピン日本人ビジネス協同組合、仕方なく私が理事長が進めている、前にも言った入院保険の代理店、本来なら12月にはスタートする予定だったが、12月で担当者も忙しく、打ち合わせが延び延びに成っていた。私も日本に行ったりだったが、その担当者は胆石で入院、勿論保険に入っていたようだが、胆石で3日入院。なんとその費用は55万円だったと嘆いでいた。しかし漸く会って、その他の保険もやるので、自動車保険、火災保険、社員の労災保険、事業者責任保険などの説明を受けて、来週中に最終段階で開業できる様だが、自動車保険で自損の部分は、車の価値に対してだが、搭乗者や対人対物の費用がフィリピンは著しく低い。一般的には20万円とか30万円だが、今回勉強した事は、フィリピンは法律で対人事故の上限が50万ペソ(100万円)までと決まっていて、一般的には20万円とか30万円とかの保険を100万円に上げると異常に高い保険料に成る事が解った。

貧しいフィリピン、もし日本の様な保険金なら、カミカゼ特攻隊の様に、車に飛び込む奴が日常となる事を恐れたこの法律。日本人が引かれた場合は、マル損となる。

まあ遅くとも今月末には保険を売り出せる。既に何人かは興味を持たれているが、少ないコミッションだが、だれか代理販売をしてくれる方を探しています。よろしくお願いします。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000