中国共産党がある限り、中国投資・中国渡航はしない方が良い。中国の王毅外相の発言。

中国の王毅外相は訪問先のドイツで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大について「抑制可能だ」と強調し、経済への影響も一時的なものだという見方を示しました。感染拡大が続く中でも強気の姿勢をアピールすることで、国際社会の懸念を払拭(ふっしょく)するねらいがあるとみられる。(NHK解説)

しかし他のメヂィアやその他の人々は、「中国共産党やっぱりね」、まず彼が言ったのは、「中国は多大な努力をし犠牲を払った」おいおい、まずは「謝罪」だろう?。現在でもネズミ算的に拡大している武漢肺炎ウイルス。医療機関の医師が昨年に警告を行ったが、共産党は、デマであるとして訓告して抑え込み、武漢での医療の状況を報告し続けた弁護士でジャーナリストの人が、この2月6日から行方不明になっている。こうした事は世界が既に知っている現実。にもかかわらず、この「自画自賛」。下の人間が既にこうした現状を上に上げていないのか?いや知っていて、更に強い姿勢に出ているのか? アメリカの大統領と言えど自国でやれば、明日は無い。こんな感覚のトップとトップを取り巻く「イエスマン」。こんな組織は長くはないが、そんなトップが世界で未だにこんな発言をする中国共産党。

この人もっと頭が良いかと思っていたが、すでに「裸の王様」可哀想に。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000