最近よく眠れる。こんな人生は初めて。。。日本では20分昼寝が流行っている。

夜11時から朝7時半までよく眠れる。最近は総天然色長編の夢も見る。おかげで、頭はすっきり、自由業なので、今日本でも流行ってきている20分昼寝も始めるか(笑)しかしこうした休息は体内抗体も強め、最近のコロナウイルスにも効き目があるのでは。。

日本に居る頃は、1日1千万円の売上が必要で、50名の販売員でも1日一人20万円の売上が必要だったが、穴埋めの為に自分も多額のノルマを抱えていたので、全国を飛び回り、仕入れに世界を飛び回っていたので、夜は眠れず、何時でも片頭痛があった。しかしこの自転車操業は日本経済の崩壊(バブル崩壊)で崩れる心配もあり、それを更に増大させ、短気に怒る状態まで来ていた。会社を譲渡し気は楽になったが、脳梗塞の父親や認知症の叔母の介護は、自分が手を出さなかったので介護人を2名雇っていたが、その費用は月額60万円で、無職と成った自分には重荷だったので、いっそ自分で介護施設をやるかと思い、介護の勉強を始めて、当時まだ預け入れ金利が5.5%だったので、信託銀行と組み1億円の預託で介護をするケア8という施設の1号施設を湯河原に建設を始めていたが、バブル崩壊の予兆ともいえる金利の低下で預け入れ金利が一気に2.5%に下がり、信託銀行との協議で建設途上で有った建物を壊し、大きく買っていた土地の一部を売却したので、損失は無かった。

それから、世界中の介護可能国を調査、最終的に1986年にフィリピンに脳梗塞の父親や認知症の叔母を連れて移住し、2つのマンションを購入し二人の介護を開始したが、まだその時は二人の子供が、学習院と慶応の中高校生だったので、この費用を稼ぐことが次の問題であった。

しかし、当時フィリピンは全てが安く、マルコス政権後の自由な雰囲気もあり、フィリピンの第一期バブル期でなんでも上がっていたので、不動産や会員権のころがしで、こうした費用を補っていたし、レストランの開業、当時日本の工場が押しかけていたので、そうした工場への物資納品や社員食堂をやったりして、売り上げを伸ばしていった。フィリピンの第一期バブルの集大成として、マニラ・オルチィガス(東京で言うなら渋谷)にビル用地を購入したが、1年で3倍に価格が上昇したので、売却し1995年に、大望であった介護施設の建設に入った。しかし、脳梗塞の父親や認知症の叔母の二人でも頭が痛かったが、100名以上のお客様の相手をするのは大変で、結局それから10年間を施設に泊まらなくてはならない24時間365日の生活が始まった。

前にも言ったが、フィリピンの医療費高騰、物価高騰、それに対して日本の年金減少を受けて2009年募集と入居を辞めて、入居者の自然減を待ったが、しかし、この待つ10年間は、他の商売も難しく成り、わが人生で一番の窮地でもあった。その後2018年に今のトレーニングセンターをスタートし、2020年漸く目途が立ったという訳で、ようやくゆっくりと眠れるようだ。(笑)

だが来年、新たなビジネスに日本で挑戦する。熟睡をして、昼寝が出来るのは今だけか。。


Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000