Designated Survivor( 指名された 生存者)にNETFLIXで夢中。

2018から2年の長期にわたるアメリカのテレビ連続シリーズのDesignated Survivor( 指名された 生存者)(日本語訳)に今NETFLIXで夢中で見ている。なんか昔の「ベンケーシー」以来、こんなに夢中で見るのは久しぶりだ。アメリカ議事堂が何者かに依って爆破され、議員の大多数が死亡し、残された政治経験が少ない議員で元教授(指名された 生存者)が臨時政府(議会を経ない)大統領と成る処からスタートする。そして2年、大統領選挙を経験しなかった大統領が、初の大統領選に出馬する。この80編による超大型シリーズ、何時でも3つ以上の筋書き(アンダープロット)が同時進行し、波乱溢れるドラマである。

これでアメリカ大統領の仕組みや日常業務が良く分かる。すべての分野に女性の進出により、そこには否が応でも「男女関係」が生まれる。我々のロータリーの様だし、日本政府内でも同じ事である。エリート女性は寧ろ結婚できない。そこにエリート男性が要る。政治、戦争、行政。。。と内容が充実していると同時に、男女関係が描かれ、素晴らしい脚本で有ると思う。最後の方は、種キレか少し退屈だが。。。脚本家志望の大学時代を思い起こされる。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000