羽田空港の問題点。急角度侵入は世界でも稀れ。

まあ今まではLCC利用だから羽田は使わなかったし、35年前はJALでも海外便は成田だから、今回初めて羽田をマニラから使う事になる。今回は今住んでいるBGCから近いマニラ第三ターミナルのANAを使う、JALは第一ターミナルで、今は高速も使えるが、めんどくさい。マニラ空港は成田と同じで、4つの空港ビルはあるが、1本の本滑走路+短い滑走路で上がるも下がるも、順番待ちが多い。

羽田は 世界一きれいな空港ランキングで常に1位を取っている空港だが、成田が空港滑走路拡大が、裁判で出来ないので、増便と成ると羽田しかない。以下の世界都市への発着便ではロンドンの343都市と比べると東京は100都市以下で、韓国ソウルにも劣っている。増便は東アジアに於けるハブ空港として絶対に必要で、羽田にあと2つの新たな滑走路を作る議論もある。

こうした中、仕方なく国土交通省は都心の上を飛ばす航路も始めたが、横田米軍基地の航空エリアの中野区上空でぶつかる為に、1300m以上の高度からのアプローチで、一般的には3度で角度で降下するのに比べ、3.45と言う結構他では無い急角度で侵入する。

しかし、飛行機が落ちる事はないとして、部品落下は避けられない要素と成る。しかし東京はアジアのハブに成らなくては成らない。150都市を目標に。。。しかし、安全は。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000