フィリピン経済は死んだ。フィリピンだけでは無いが。。。

フィリピン富裕層の収入である賃貸事業。フィリピン政府はこの一か月家賃が払えない状況の場合、家賃、電気代、水道代等の支払いを「免除」ではなく「先送り」すると発表した。98%のフィリピンの民がその日暮らしで、仕事が無ければ給与は無い。例え小さなアパートでも家賃も電気代水道代は払えない。「先送り」されても支払えない。最近日本人がコールセンター等で働いているが、今コールセンターも来月18日まで閉鎖される。うちも日本行きの研修生の宿泊付き研修センターだが、うちも今週から臨時休校となる。

こうしたフィリピン人のパニック状況なので、外資導入で生きているフィリピン経済、外資の家賃や不動産購入がこれでストップする。特に中国に頼るフィリピン経済は、下手をするとフィリピン大手デベロッパーがデフォルトを起こす危険性は大きい。大手デベロッパー即ち大手銀行の終焉と成る。それが意味する事は不動産価格の大幅な下落となる。

それと世界180か国が同じだが、国家の税収の50%が政治家、官僚や官吏のポケットマネーとなる国、ポケットマネーは決して還流しないので、現場の予算はマイナス、台風や震災の様に他国からの援助も無いので、予算0では何をやっても中途半端。なので日本やアメリカのように給与保障や0金利融資などは出来ない。その上98%の病院は私立病院で、コロナは受け入れない、2%の公立は施設は貧弱、医師看護婦も居ない。

フィリピンは世界その他の180か国中70位くらいに位置するが、多くの国はこれ以上に悪い事は事実である。

イタリア・バチカンの金を使い世界派遣を果たしたスペイン。その軌跡を追った中国共産党。コロナの軌跡にもなっている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000