武漢肺炎で出生率が、致死率を上回る(笑)

武漢肺炎の致死率、世界では20万人以上が死亡するとされている。いやアフリカ等の状況では100万人とも推測できる。その致死率を考えるとイタリア12.6% 英国 11% オランダ 10.7% スペイン9.9% フランス9.4% ベルギー 9.2% 米国 3.2%。。。と成っているが同じEUのドイツの致死率は1.9%と低い。日本は2.2%。 フィリピンはブラジルと同じで4.9%。 フィリピンも感染者が4000名に近ずいているし、日本は5000名を超えている。フィリピンの場合は既に医療崩壊しているし、病院は金持ち優先でしか受け付けず、話題成った肺炎で14日入院で300万円請求もあった。国はPHILHELTH(国民健康保険)利用者は、原則無償と言っているが、それを受け入れる病院は無い。その上フィリピンには無医村が多くあり、ブラジル同様に免疫がない原住民も多いので、そこに感染が広がった場合は村そのものが無く成る、消滅と言う状況もあり得るが、しかしそれは調査結果には表れない。現在フィリピンは死亡者は発表では200名以下だが、私が思うに、こうした死亡確認が出来ない人を含め、既に2000名を超えているかもしれない。

それとは逆に、隔離政策。世界中で男と女が一つ場所に隔離されている。(笑)多分2021年1月2月は、世界中でベビーブームとなり、産科不足が深刻化するかもしれない。ベビー用グッツの需要が高まるかもしれない。(爆笑)

写真は第二次世界大戦後の世界的なベビーブーム。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000