フィリピン不動産は武漢肺炎で壊滅する。

私だってまだ売り残したマンション1軒、土地、建物も多く持っているし、新たな投資者と違い、27年前から12年前以上購入しているので償却済みだし、それの賃貸で生きているので、言いたくないが、しかし。。。

製造業が無いフィリピンは、何を持っても他国の投資に頼らざるを得ない。観光にしても、不動産にしてもそうだが、世界を襲ったこの武漢肺炎で石油価格、株価は委縮し、人金物の流れが寸断された。みんな言うだろう「え!フィリピンに投資?」「馬鹿言え、今俺のケツに火が付いていて、まず自分の立て直しが先だ」そして1年後には「俺も良く今回の事で勉強した、自分の本丸を地道に守ることをね」。

これが武漢肺炎後の世界。フィリピンに移住?、フィリピン不動産?、フィリピン女性?これらは全て終わった。可哀想だが製造業が無いフィリピンは、終わった。日本の外国人労働者も当面、日本人の失業問題が起こり、一時か永久かは解らないが、委縮する。

これが現実で、未だにフィリピン不動産などと言っていても、この全世界のマインドは変えられない。即ちフィリピン不動産は武漢肺炎で壊滅する。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • t.kaname

    2020.04.22 23:46

    現地から貴重な情報を頂き感謝申し上げます 実態から真実を知ることが生きていく術と察しております