仮想通貨は中国共産党崩壊で、壊滅する。

私は我が人生で「株」とか「ギャンブル」「パチンコ」は遣ったことが無い。株は若い頃にに「目の付け所がシャープ」の株を買ったことがあるが、シャープの計算入力機種を使って、当時、日本で最初の介護用入力装置を開発したので、その時にシャープ株を買った一度だけ。パチンコは学生の頃はコンビニが無く、夜間に飲み物を買うのに、パチンコ玉を買って景品と交換しただけ、ギャンブルはマカオとモナコで遊び半分でやっただけ。マニラに来ても、行かない。OKADAには行ったが、ただ人を降ろしただけ、中に入ったこともない。OKADAを作る段階で、少し関与したので、図面も持っているし、入店も誘われたが、一切その後は関与してない。私の信念は「実業」であり、人の便利や喜びを与える事で有る。しかし「株」とか「ギャンブル」「パチンコ」は一時の快楽を与えるが、破滅も与える。危険な道具である。仮想通貨も同じようなもので有る。

実業とは人が喜ぶ「物」や「サービス」を与え、それを買った人のサービスの内容も含めて買った人の所有物、満足物となる。しかし「株」とか「ギャンブル」「パチンコ」そして「仮想通貨」は、胴元の管理下に置かれた、それこそ仮想のもので、使うものでは無く、胴元に使われるもので、人が操られる道具でしかない。だから証券会社が、「仮想通貨」に参入するのは理解が出来る。同じ穴のムジナである。

武漢肺炎以降で私が言うのは、今までの経済の歪が崩れる時で、ただ数字を駆使したものでは無く、自然の流れの商売の「黄金パイ」に戻る時と考えている。いわばリスクヘッジの王道が回復する時だと思っている。

その中で、仮想通貨は中国共産党が目に見えない胴元であるとも思っている。中国の歴史には偽札作りは当たり前であり、今も中国紙幣の1%以上は偽造品ではないかと思われている。中国共産党は香港やマカオでのマネーランドリーだけでは無く、この仮想通貨もその中に組み入れている。仮想通貨は国の管理でもない。取引所と言われるものが、入って来たお金と出ていくお金を管理している。相場も売りだ買だと言われるが、そこには法律的根拠はない。では中国人、自分が破産する時にはどうするか?持ち逃げしかない。でもその時が、この武漢肺炎で早まっていると考えるのが、普通なのではないだろうか?私は知らんけど(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000