『ラ・カンパネラ』(La Campanella)私の日本ビジネスの序曲。

『ラ・カンパネラ』(La Campanella)は、フランツ・リストのピアノ曲。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれた。名前の Campanella は、イタリア語で「鐘」という意味である。「鐘」の意味を「警鐘」という意味に拡大し、この日本2100研究所のテーマ音楽に決めた。音楽を目指す人の登竜門でもある『ラ・カンパネラ』を未来志向の登竜門にしたいと言う思いからだが、歳も歳だから解らないが、70歳にして立つ。を目指して今、WEBやその他のマテリアル作りを準備している。森ビルの森さんは60歳にして立つであそこまで行った訳だから、少しは出来るだろう。孫の為にも成るかも知れない。(笑)

最近の若い人は(私から見ると50歳代も含まれる)既存のものに迎合して、人生の夢を持っていないと感じている。直ぐに「そんなの無理ですよ」と言い切るが、私の人生は「無理を実現して」伸ばして来た人生。

日本の『ラ・カンパネラ』のおじさんは漁師さんで、楽譜もピアノも触ったことが無い漁師のおじさんが、7年かけて『ラ・カンパネラ』の演奏者に成った。最も奥さんが音楽の先生で、自宅にピアノが有ったのだか、結婚して30年一回もピアノに触った事は無かったと言う。漁師さんの太い指で「そんなの無理ですよ」を克服された。

人生「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、人生の目標としたものを簡単に諦めてはいけない」。(以下動画はちゃんと音が入っています)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000