「今、中国に留まれば、漁夫の利がある」と言う論議、(サントリー等)があるが、それは間違い、一度撤退すべき。

「今、中国に留まれば、漁夫の利がある」と言う論議、(サントリー等)があるが、私はこれは間違いである。中国共産党が明日明後日に崩壊すれば良いが、1~2年持った後に出てくる政権は、毛沢東同様に既存の全てを潰しにかかるであろう。それが中国だ。撤退を表明しておけば、新政権も理解するだろうが、そうで無ければ、新政権に潰される。

これは新政権が中国を3つに分断しても、同じで有ると考えられる。

まあ、中国の場合、既存の中国共産党員は全て粛清される事に成る。合弁を遣っている場合の殆どは、中国共産党員が会社内に入り込んでいる。この粛清を恐れて何をやるか解らないし、どんな政権に成るかは解らない。

私なら、今は静観し、政権が民主主義を実践できると見極めてから出るだろう。そうなったら私も行きたいが、今 丁か半を決めるのは、大きな博打で有る。そこまでの博打はビジネスマンが遣る事では無い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • t.kaname

    2020.05.06 00:25

    おはようございます。いつも的を得たコメントを発信して頂きありがとうございます。中国が3つに分断される?というのはどのようになるのか教えて頂けましたら有難いです