私の考える移動できる住まいのゴミ箱とゴミ回収の未来

これは私の考える未来の住まい。買っても500万円以下、即高値で転売可能(流動性)。テレワークや全ての考えられる殆どの設備が内蔵され、転職があっても住まい毎、移動が出来る。固定資産という概念では無く、住まいは不動産の上に建つという概念も無い。自家発電も可能だが、当面は電力、給水、下水に繋げるが、これも時代と共に自己完結型に成長させる。

さてゴミ問題だが、ゴミの元である、昨日に話した物流に於けるパッケージ問題がそこにはある。パッケージの統一化は、売りたい側が商品売りたさにパッケージを勝手に作るが、この概念から換えないと行けない。最近の原価は中身30%、パッケージ70%と言われ、無駄なパッケージがなければ、商品価格は50%以上安く成るはずだ。その上に前にも言った、生産者、製造者から卸や店舗飛ばしで、24時間以内に配送されれば、余計な貯蔵や販売の為のパッケージが不要と成り、ゴミは70%削減できる。

こうした事を前提に、ゴミの分別がより厳格化される必要があるが、私が考えるパッケージにはゴミ分別のQRコードがあり、住まいの中にある分別用のゴミ箱に入れる前に、QRコードを読み取り、正確な分別を可能にしたい。

この分別を住まいの中で行い、そのゴミ箱からどうやって自動で、分別されたままに回収するかであるが、この私の考案したゴミ箱の下の部分が、自動的に外部に押し出され、それを回収ロボットが吸引して、本体のゴミ収集車に送る方法とカートリッジ方式で、交換する方式が考えられるが、ゴミの量の違いなどで、吸引の方が効率が良いように思える。

今、これら(宅配自動化、ゴミ収集自動化)を備えた住まいを作れる所(多分自動車メーカー)を探している。私の考えでは、この住まいと置く場所の整備で2~3年で250億円程度の事業に成るのではと思っているが(笑)

過去の投稿

私の考える宅配ボックスの未来。https://www.munetomo.club/posts/8163666

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000