例えばフィリピンを求めて来る人は何を求めるのか?35年前私は何を求めて来たのか?

私が来た20世紀、フィリピンは18世紀から19世紀、今21世紀、フィリピンは20世紀前半というタイムラグが存在する。

例えば野蛮さ、野生さ。パワハラ、セクハラと押さえつけられている現代日本人にとって、野蛮・野生さは魅力である。70歳で20歳台の彼女を作る。野蛮・野生さの魅力である。女性の声で多いのは、私の幼少の頃は、ネイヤというメイドが日本にも沢山いたが、そのメイドや運転手が使えるの。だからゴルフに専念できるの。。。老後安く暮らせるの。。。結果、全て何を求めて来ているかと成ると、このタイムラグを求めている。更に世界より先に進まなければ、明日は無いという社会に疲れた人のたまり場で、ゴールデン街にノスタルジックを求めて行く人と同じなのだ。

まあ一言でいえば、時代遅れの人のたまり場。フィリピンを含む東南アジア。

私もそう考えていた、時代を逆進するサーファーとね。日本ではバブルの申し子、時間をサーフして、フィリピンバブル(1986~2002)の申し子、そして考えていたのは、出来なかったが、次はアフリカ・アンゴラに時間サーフして、バブルのサーファーとしたかったのだが、私の場合は安らぎを求めて来たのではない。生きるために遣って来た。日本での経験やロジックを使い、時間差を使って泳ぎ抜こうと考えていたが、馬鹿、中国共産党によって、時空を歪められてしまった。自分の利益を状況を全く考えずに優先して、ジワジワと発展すべきものを、一気に発展させて、その結果「出来ない奴に遣れと言っても間違えて、元の姿より悪いものに成る」事に世界中が成ってしまった。中国共産党戦略はフィリピンに対して、安いものを買わせ、地元産業を潰し、結果20年間、フィリピン人の給与は全く上がっていないが、今度は潰して市場を独占したので、価格を上げる。即ち物価が上がる。フィリピン人ではもう既に手の打ちようがない。という悲劇と言うか、歪曲というものを世界中に作ってしまった。時間をサーフは個人レベルではもうできない。まあ故に、日本に片足で「新しいものを考え、切り開く道しか残っていないのだから、そうするしか無いねというのが私の結論でしかない。

また今更フィリピンに来ようと言う人は、私にとっては、状況分析に欠けた人という結論しか持てない。なぜか。この時空の歪に依って、ローカル人が生きるすべは、物を高くして自分の利益を上げることに邁進する。しかし、民は20年間の恵みを享受していない。何がそこに起こるか、下手すれば、暴動その他犯罪に依る社会不安が多発。これは南米では既に起こっている。その上に通貨不安による、更なるインフレ。こうなる可能性は大きい。

こうなれば、カルロス・ゴーン同様に私のフィリピン資産は無意味になる。即ちノスタルジックを求めて来る日本人は打ち死にする事に成る。

こうなることを考えて、日本で少なくとも200億円以上のビジネスを立ち上げたい。それだけでしかない。「時間よ止まれでは無く・時間を進ませる」時が来たようだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000