ボーナス0では返せない住宅ローン。だから買うなと言ったのに!

日本ではボーナス0の会社続出。。。フィリピンでは給与0の会社続出。しかし日本、既存の住宅ローンが払えないと言って、今売ったら幾ら損するの。売って借金だけが残る。住宅、不動産は既に人生の「負」「損失」でしかない。と言っている私なのだが、今回の武漢肺炎で、何か証明されたようで怖い。日本全体でどのくらいの人数の方が、ボーナス0で返済が出来なくなるのか?馬鹿な住宅ローン、毎月は金利だけ、ボーナス時に元本返済、貸す側のトリックにハマった哀れな人々よ。それを貸している銀行も、ボーナスが払えず、何万人のリストラ。10年前に娘にもマンションは買うなと言ったが、買った。全く経済論理が解っていない日本人。今でも全世帯数の倍近い家があるのに、まだ売ろうとする不動産屋。ここでローンが払えないが、売っても損、貸しても損となるのは必定。 やはり不動産は、既に資産では無い。昔、宝石屋を遣っていた時に、宝石は資産ですと、売っていたが、買う需要と売る供給で価格は決まるが、今や合成と言うものまで出来て、全然希少では無く成った。それもあって辞めたのだが、ソ連崩壊時にはダイヤモンドが半値になった。金もそうである。純金が今、高いが、これも需要と供給で6000円から1000円までの価格はさ迷っている。

前にも言ったが、国が自国通貨で借金が出来る国はアメリカと日本だけ、何でも買える通貨は今一番重要である。貧乏とは何か?贅沢をする訳では無いが、これが食べたいな。という時に、お金の事を考えて、必要なものも買えず、食べたいものも食べられない。これが貧乏で、貧困とは違う。貧困は絶対的な要素、例えば国で有ったり、政治であったり、という要素がお金を手に入れられない仕組みがそこにあり、今日食べれれば良かったという状況に陥る事。例えば私の居るフィリピンもその一つである。フィリピンにいる日本人は気を付けないとこの貧困に陥る。しかし住宅ローンは、外から見ると一見、裕福そうに見えるが、中身は必要なものも買えず、食べたいものも食べられない、貧乏と成る。だから私の論理では住むところに使うお金は生涯で2000万円以下、耐久性もあるので、出来れば移動して住めるものは、500万以下で有る必要があり、人生4回換えても、流動資産性の売却もあり2000万円以下にすれば、30~40代には、ゆとりの2000万円以上の預金が出来る。しかし家を買ったら、貴方は生涯その家の奴隷。奴隷即ち貧乏。だから今の日本人には活気が無い。

これは海外でも同じ事。既存が体内に染みこんでいる日本人には難しい選択だが、人生を変えるには既存からの脱却が必要である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000