隔離マニラの男の手料理・この男価値あるよ(笑)

日本のお姉様、私に言わせれば60歳でも立派な「お姉様」ですが、私の事「囲わない」犬飼うより良いかも知れないよ?(笑) 毎日「料理」も作るし、買い物も行くが、お金を払う必要は無い。私が払う。週に2~4回外に飲みに行き、楽しむがそのお金も私が払う。結構優しいよ。自分で言うのも可笑しいが、結構お洒落だし、連れて歩くのには問題ないと思うけど、その内車も買うし。ちょっと歳ですが。。保険にも入るから、何かあっても金銭的に問題をかけない。

これ、まんざら冗談話では無い。私にとっては日本に資産をもっても仕方ない。今更資産を持ちたくない。フィリピンはB/Sリッチ、日本はP/Lリッチで良い。お互いがお互いの持つメリットを共有すれば良いだけで、若い男女なら嫉妬や様々な問題があるが、私には既に嫉妬は無いし、フィリピンにいる日本人男性には感心するが、そんな若い女と一緒に成って、よく話すことがあるね。幼稚園の先生に成ったみたいに。。それ以上は言わないでおこう(笑) まあそんな事を考えているが、武漢肺炎がマニラで急速に拡大し、活動が出来なくなった場合は、時間をかけてやるつもりだったが、日本への片足を早めないと行けない。

そんな事グダグダ考えながら、今日も自炊。。。最近レストランが遣っていないので、高級肉の卸が停滞しているのか、結構良い肉の価格が安い。またまたステーキ。この肉の原価500円。白身魚のバターソテイ。朝のフレンチトースト、おでん風味鍋、小エビとショートパスタのコンキリエ リガーテのシチュー、坦々風ラーメン、それからこれは失敗だったが、マブロの握り寿司、次はもっと上手にする。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000