2ヶ月死んでたアップル・ウオッチが突然蘇った。

3月10日にヨドバシカメラ(随分ポイントがあるので)で買って、マニラで自炊していて、ちょっと水が掛かったか知らないが、4月初めから死んでいたアップル・ウオッチ、昨日何気なくPCの隣を見たら、なんと動いていた。死んだのも意味不明だが、生き返ったのも意味不明。武漢肺炎にかかっていたのか?(笑)

まあ何時日本に帰れるか解らないので、ヨドバシカメラの領収書はしっかり置いといたが、まあ様子見だが、メッセージやメールもちゃんと入って来るので助かった。アップル・ウオッチと言うかアップルに変えようと思って、アイフォンを買ったのは、日本に片足を置くには、日本のスタンダードである、アンドロイドでは無く、アップルにしようかと思い2月に人生始めてアイフォンを買った。そして、フィリピンなら車の運転中にも話せるからアップル・ウオッチ、日本ならスイカその他が使えるからと思って、これを買った。買ってみるとアイフォンは使いやすいし、最近は文字タイプを打つのも面倒で、音声入力が良いのだが、大分私の言葉も覚えて貰い、音声でのタイプミスも減って来た。 まあ毒を食わば皿まで。次回はIPadも買おう。今までWindowsでしか使えないアプリの為にPCに拘って来たが、iPadではそれも出来る事も確認済みで、PCが無くても管理が可能だと考えている。それとキャノンのG7 X Mark IIIカメラも買おうと思っている。今でも動画編集を様々試しているが、前にも言ったがYOU-TUBEは使わずに自分の番組を作っていきたい。YOU-TUBEのサラリーマンには成らず、自分のクラウドサーバーで配信して、自分でスポンサーを見つけ、月1億円程度のコストで1日観続けても楽しい番組を作りたい。広告収入目標は月2億円。これは当初立ち上げの時で、最終的には200憶程度にはしたい。しかし、それ以上にはしたくない。アイデアはある。そこら辺の自主トレーニングもしなくてはならない。安い投資だ。それにこの隔離はそうした練習に熱中できる良い時間を貰った。

1億円の製作費 1年365日で割ると、1日27万円 1日17時間放送で1時間1万6千円。と言う事に成る。これで皆が1日観てても飽きない放送局を作る。ホリエモンのロケットより現実性はあると思うがね。安く作る。これがビジネスが発展する要因だと思う。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000