私が考える北朝鮮の真の狙い。

あらゆる報道が、北朝鮮の武漢肺炎に依る物資の停滞により、これは韓国に対する物乞いの脅しで有ると報じている。しかし私は違うと考える。私はこの武漢肺炎の世界的経済恐慌で誰が勝者かという事を言い続けて来た。国とレストランを比較する事は出来ないが、しかし経済論理は同じで有る。借金に借金を重ね、拡大をして来たチェーン店が被害が大きく、地道に一店舗を維持してきた方が被害が少ない。もしこの論理が通用するならば、韓国は大型チェーン店で膨大な借金を持っている。借金を返すための借金が膨らんでいる国である。一方北朝鮮は、コスト削減でオーナー店主で有る。私もオーナー店主であるので、もし私の目の前にある、大型チェーンが何の負債も無く、自分の手に入るとすれば、それは有りがたく頂く事は間違いない。今回の爆破は警告では無く、宣戦布告と見なしても良いのではなかろうか。馬鹿な韓国、軍事境界線上での偵察飛行は一方的に中止している。それに北朝鮮が攻めて来た時の重車輌阻止の壁も壊した。衛星は無い。北朝鮮は空軍力はでは劣るが、陸軍力では圧倒的に強い事は朝鮮戦争時でも解っている。軍事境界線から2時間以内にソウルに到達できる。青瓦台を占拠。しかし韓国空軍は60%の国民が居るソウルを空爆できない。北朝鮮にしてみれば、朝鮮戦争停戦中で有り、まだ戦時下で有るのだから、停戦を破っただけで、世界にはよくある現実だ。朝鮮戦争時は南北冷戦時代もあり、一歩も引けなかったアメリカだが、今アメリカ人の血を流して、韓国領土を守り続ける必要とメリットがあるのか?。北朝鮮はそこら辺読んでいるのではないだろうか。トランプ大統領とは2度も面識があり、先回の面会は韓国抜きでのアメリカ側と北朝鮮側での直接対話。損得勘定が上手いトランプ大統領ならチャンスはあるのではないか。日本は勿論手を出さない事は明白である。ベトナム戦争の北の統一で決着がつくのではないか。

むしろ織田信長式戦法に世界は共感するのではないだろうか。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • pogy-jimmy

    2020.06.18 20:08

    Hello po. 本当にそうであれば 拉致問題なんてふっ飛んでしまいますネ。 あるコメント欄に 誤って北朝鮮🇰🇵の事、北挑戦と書いて自分でも笑ったけど 座布団三枚! 平和ボケの日本人が多い国だけど、北挑戦に生まれなくてよかった。