Overact but no goal. 首都マニラ・ロックダウンしかない。

大げさな反応が有るから、期待すると、何も生まれてこない。逆に言うと結論は持たないが大きな声を上げる奴。よくいるよね。この1月から6月までの感染者の国別推移。しかしこれ武漢肺炎の結果では無く、Overact but no goal .の国のランキング。やっぱりアメリカは多民族国家で未だに歯止めが聞かない。国、州、市がバラバラ。スペインの血とアメリカの血を持ったブラジル。4万人の感染者から1.5か月で100万人まで拡大。同じ血のフィリピンは6月20日の感染者は29,400名で、今日16日には、3万人を超える。ブラジル人口は2億でフィリピンの倍。フィリピン島国の利点もあるが、航空会社を地方に飛ばし始めたら、即刻地方に感染をばらまいた。今はセブがロックダウンだから、原因はマニラにある。

フィリピンにはこの問題に対するゴールが無いのだ。皆ピーチクパーチクだが、国民一人一人にゴールが無い。故にいい加減でケセラセラ。発表されるデータもバラバラ、正しくスペインの血とアメリカの血。フィリピンに住む日本人も結構ケセラセラだが、しかしマニラ首都圏でこのままこの緩みを続けたら、ブラジルに成る。感染者が7月に40万人。結果は全て2週間後だから、既に成っているかもしれない。そう思いませんか? 私だけかな。。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000