両刃の剣・長江三峡ダム・下流に住む日本人は撤収すべし。

1993年に着工、2009年に完成した三峡ダムは、中国・長江中流域の湖北省宜昌市にある大型重力式コンクリートダムである。三峡ダムの貯水池は全長660㎞にも及ぶため、大きな利点としては、三峡ダム水力発電所は、70万kW発電機32台を設置し2,250万kWの発電が可能である。これは最新の原子力発電所や大型火力発電所では16基分に相当し、世界最大の水力発電ダムとなる。三峡ダム水力発電所の年間発生電力量は1,000億kWhであり、中国の電気エネルギー消費量が年間約5兆kWhであるから、三峡ダムだけで中国の電気の2.0%を賄えることとなる。しかしこのこの2%の為に大きな問題を抱えている。t中国指導者何考えてるの、お金ポッポしか考えない集団。大きな犠牲を払って貯水池が660km東京ー神戸以上の貯水量を持ち、高さ170mの三峡ダムが決壊した場合、津波以上の被害が想像される。その流域にある街を30メートル以上の高さの激流が流れ込み、その被害は計り知れない。その為、もし中国がどこかの国と戦闘状態になれば、このダムを破壊するだけで、原子爆弾20-30個分の破壊を中国にもたらす。

しかし今は、決壊の危険性と破壊される危険性がどちらも高まっている。ぜひ日本人のこの地域からの撤収を考えてほしい。

フィリピン・マニラですらあんな小さなダムが決壊を恐れて貯水を放出したら、勿論河川は氾濫したが、ラグーナ湖の水位があがり、ラグーナ湖周辺1kmの地域が3カ月間水没するのだから。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000