日本人初の3星シェフのコロナで一時休業した事に対する、積極姿勢は素晴らしい。

どんな状況でもプロとしてのモチベーションを維持する。そして進化する。これって簡単に言えるもんじゃないだよね。私も少なくともビジネスのプロとして、この3カ月の隔離生活を楽しんでいる。収入が減った、遣る事が出来ない。それをどう捉えて、どう考えて、どう進むか。どんな状況でもプロとしてのモチベーションを維持する。そして進化する。

ここからは私の考えだが、フィリピンで言葉も満足に喋れない、海外では言葉とは言葉自身を覚える事が目標では無い、誰かに理解してもらう為にあり、今貴方が喋れないと言う事は、誰かを説得できなかったという証でしかない。語学留学、馬鹿言うんじゃ無いよ。語学だけを学ぶのでは無い。その言葉を使ってその国の人に自分の考えを納得してもらう為に必要な道具でしかない。彼がフランス人従業員にフランス語で彼の情熱を伝えている。これは何なんだ。だから貴方に何かの情熱が無いのなら、英語なんて覚える必要は無い。貴方の情熱を現地人に伝え、現地人の中で連鎖を起こす事が物事を大きくする。情熱無くして日本も海外も無い。その情熱が、「ああ、こういう風に言えば、この人もっと理解してくれた。」と言う具合に言葉は自分の中で発展する。貴方の情熱と共に。。。

しかしこのシェフは素晴らしい。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000