武漢肺炎以降のこれからは「隙間産業」では無い。「棚上げ産業」だ。

今までは大きな産業が有り、その大きな産業と産業の隙間に入り込むというイメージが、何かニュービジネスで有ったようで、それを隙間産業と呼んでいたようだが、私はこれからは「棚上げ産業」だと思っている。何さ「棚上げ」?

今までは、潰れかけた会社を、ファンドと言われるものが、その組織を壊さず、トップの首を換えて、他の成長している会社の下に置く、または上場させるという「隙間産業」であった。例えばソフトバンクのファンド。はその事に依って多額の利益を上げて来た。がしかし、儲からないが組織を維持する為には大きなコストが必要で、それも多く持てばコストは増大する。今までは、そうした駒を多く持っていると、儲けのカードが大きかの様に錯覚していたが、その実態はカード自身が金食い虫で有ったために、ファンドがファンドで無く成ってしまった。その例でもソフトバンクは一つの例として参考になる。

銀行も苦しい。倒産してもらっては困るが、これ以上の貸し出しもしたくない。ではどうするのか? 仕方ない一回「倒産」(民事再生法)してもらうしか無い。銀行は大損害となるが、組織が無く成るが、器は残る。しかし、銀行はこの器があっても、商売を建てなおす事は出来ない。何の経験も持たない、頭でっかち集団だからだ。そこで「棚上げ産業」だ。

銀行に一旦、棚上げしてもらうが、その器を使って、事業再開が出来て、0からのスタートをして、銀行が損した分を取り返せるものにする。この能力を持っている人が、次の孫氏に成り得ると思う。勿論これには長期の時間が必要である。

我々の小商人に置き換えると、私の言う「居ぬきビジネス」である。例えばレストランで言うと、今回多くのレストランが倒産する。造作を元に戻すお金も無く、夜逃げ同然で出ていく。大家側も次のテナントを探すにも、安くしか貸せないので、造作を壊す費用は持ちたくない。そこでその造作(多少改装するが)を使い商売を成功させる人が居たら、投資が無いのだから、償却分は手持ち資金と成る。しかし他でも遣っても、絶対にチェーン化しない。独立店舗として多くの店を持つ。まあこんな事を考えているが、写真の表は 手持ち資金が潤沢な企業500社。何とソニーが第一位。50位以内にはトヨタも、銀行も無い。(笑) 経済とは面白い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000