フィリピンが大型巡視船をODAで日本に発注・裏が見える。

三菱重工の100%子会社である三菱造船(本社:横浜市西区)が、日本のODAによって調達されるフィリピン沿岸警備隊(PCG)向け大型巡視船(94メートル級)2隻を受注した。この2隻は、2022年までにPGCに納入される予定である。

DOTrのトゥガデ長官は「PCGの近代化は急速かつ迅速に行われている。日本政府が多大な貢献をしてきている」、PCGのガルシア長官は「94メートル級巡視船獲得は、フィリピンの海上安全保障にとって画期的な成果である」とコメントした。JICAの和田所長も、「海運分野における両国間のパートナーシップは経済・貿易促進のために重要である。JICAとPCGのパートナーシップは日本とフィリピンの友好関係の証である」と述べた。

PGCに納入される94メートル級巡視船は、日本の海上保安庁が保有する「くにさき型(くにがみ型との称される)巡視船(1,700トン、96メートル)」をベースにした改良仕様となるとのことである。「くにさき型」と同様なヘリコプターの発着可能な甲板や格納庫も備えたPCGにとって最大の船舶となる。最高速度24ノット以上、航続距離4,000海里以上という高性能を誇る。フィリピンの領海内や排他的経済水域(EEZ)内でのテロなど海上犯罪防止、違法操業取り締まり、海難事故救助などに利用される予定。

ここまでは記事で有るが、日本はフィリピンがデフォルトしては、今までの借金の総額が紙切れに成っては困るので、如何にか助けなければならない。しかしODAの大型プロジェクトと成れば、JAICAの大掛かりな調査に時間が掛かる。そうで無ければ予算は付かない。多分そこで考えたのが、これなのであろう。何故二隻か?普通は1隻を買って、乗組員を育てて2隻目と成るが、2隻、金額合わせで有ろう。借金を更に大きな借金で返す。ソフトバンク方式だが、昨日も言ったように、何処かで一回整理した方が良いのでは? 貸してる側にとっても、赤字体質が改善しないフィリピンを維持していくには大変と成る。ビジョンファンドでは無いが、ファンドに金が無く成ってしまう。中国共産党の一帯一路は正しくこれの見本であり、中国には既に金は無い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000