強いアメリカ、しかし弱いアメリカ庶民の意識。フランスも!(笑)

ヨーロッパ人も苦笑。(CNN) 米国人がマスクの着用に抵抗を示す姿は、外国人の目には自分勝手としか見えないかもしれない。だがその背景には、「政府の権力」と「個人の自由」のせめぎ合いという建国当初からの歴史がある。

米国の政治的DNAには抵抗の精神が組み込まれている。例えば、ノースカロライナ州で新型コロナウイルス感染対策の行動制限に反対を訴えてきた女性活動家は最近、フェイスブックに投稿した動画の中で、マスクをフライパンで焼いてみせ、着用を義務付けるのは「自由の侵害」だと主張した。

アリゾナ州の男性は新型ウイルス感染症で家族を亡くしたにもかかわらず、マスクは着けないと言い張っている。

最近マスクを義務化したばかりのカリフォルニア州では、その議論をめぐって保健当局者が脅迫を受けたという。

トランプ大統領のマスク嫌いもよく知られている。マスクで顔を覆うのは弱さやリベラル主義の表れで、米国の精神に反すると主張してきた。先週のインタビューでも、マスクを着ける国民には自身を困らせようとする政治的意図があると批判した。(笑)

この時期に何故マスクが必要かと言う原点が語られず、自由民主という政治論や個人観だけが先行し、それがあたかも、個人の自由を守る為のように語られる、馬鹿さ加減にはさすがにうんざりする。マスクは自分の為では無い、人を守る為である。人を守れば自分も守れる。社会を守れる。これが原理だが、それが銃のように自分を守る為?しかしお前は銃を持ってるだろう。銃は何の為?自分を守り人を殺すもの。全ての矛盾がこうした国では混乱しているようだ。世界に哲学が解る人が居なくなる。人類の滅亡か

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000