論理の無いフィリピンの仕事には疲れた。

まったくフィリピンには論理は無い。ただ税金を払わずに、お金をポケットに入れたいと言う執念だけで、会計と言う論理が解っていない。フィリピンの経営者の80%以上が経理を知らない。今ある会社をこの時期に買収しようと考えていたが、その会社の会計報告書を見てビックリ。中国の何とかコーヒーが売上げを何百億円を水増しして、ナスダックに上場、資金を集めてポケットに入れたが、結局ばれてナスダック廃止。株主に大損を負わせたが、知らんぷり。それと全く同じ。フィリピン華僑も一代目は頑張ったのだろうが、2代目3代目になるとただ税金を払わずに、お金をポケットに入れたいと言う執念だけで、会計と言う論理が解っていない。となる。 今回の会社も売り上げは精々年間1億円以下程度と推測していたが、資金繰りに困っていて、役員はほぼとんずらしている。しかし会計報告を見ると売り上げが5億円が計上されいる。(笑) これ会計会社と執行役員 詐欺で訴えられるなという状況。しかしフィリピンこういう会社が多分80%を占める。親の代からある不動産を売っては、凌いでいて、表面図らは会社社長、しかし本業では利益無し。食いつぶしている。

不動産収入で生きているだけで、その不動産収入や担保価値下落では生きてゆけるのか?そんな豪華な生活が出来るのか? しかし豪華な生活を落とせず、続けたらどうなる。結局こうした不正会計で借金を大きな借金で返すことになるが、担保価値が落ちたらどうなるか。

論理は変わらないが、解らないと全てを失う。私だってその度に変えている。ベンツを買っていた頃もある、しかし今の様に普通の車に乗っている時もある。波は受け入れないとね。

いないとは思うが日本の若者で経理を知らない人は勉強すべし、私は2日で理解した。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000