フィリピンで子供を育てる。エリートに育てるには一人学費その他で2000万円は掛かる。

フィリピンで子供と暮らす。うちの息子や娘は学習院と慶応を小学校から行っている。年間120万円X2で240万円が学費だけで掛かっているので16年間で約4000万円が学費で掛かっているし、これらの学校に入れるためには、それなりの幼児教育が必要で、軽井沢の合宿やその他塾、松濤幼稚園等に費やしたお金は二人で1000万円は最低掛かるので、合計学費だけで5000万円は使った。まあ彼らが中学生の時には私はフィリピンに居たので、学費その他は日本にフィリピンから仕送りをしていた。35年前はフィリピンでは、金利が15%でその他に土地ころがしで儲かったから出来たが、前にも言ったようにペソはこの35年で3倍安くなったのだから、その分も超えて利益を出せたのは、最初の10年で、それ以降は地道に遣って来たが、それでもペソは安く成り、その分物価は高騰したので日本円で収支を出すと、損失はかなり多い。

フィリピンで子供を持つ。お金持ちのフィリピン人の家庭で、子供が二人いた場合、生まれて直ぐにヤヤ(子供の面倒を見る人)を付ける、しかし英語でないといけないので、それなりのヤヤを雇う処からスタートし、4歳に成ったら、それなりの幼児教育をスタートする。そこに行くために車1台が必要となり、運転手も必要となる。子供が二人いた場合は時間や場所が違えば、車が2台、運転手二人が必要となる。こうした幼児養育をする場合の学費は月3万円程度だが、二人いれば月6万円に成る。x8カ月だと50万円年間学費とヤヤや運転手、車の償却を考えると年間二人で120万円は掛かる。フィリピンでも教育費には金は掛かる。小学校に入ってもヤヤや運転手、車の償却は必要で、ラサールの小学校やドンボスコ小学校に入れさせないとエリートコースは歩めないので、年間50万円程度の学費x2=100万円+ヤヤや運転手、車の償却となると、日本と同じような金額が必要となり、小学校、高校はラサールで大学はアテネオとなる。どう考えても私の日本の学費の半分以上の金は掛かる。

しかし、もしこれを公立を使った場合は、書籍代以外は無料だが、教育レベルは高校卒業時でも、日本の小学校5年生以下だと言って間違いない。その上英語も喋れない。その子供は月給2万円以上取れない人生を送る事となる。子供だけを考えても、フィリピンで子供を持った場合、日本に戻って日本の公立学校に入れない限り、こうなることは仕方ない、このウイルス以降、フィリピンでもある程度高額(5万円以上)な給与を払えていた企業も払えなくなるから、月給2万円以上取れない人生を送る事となるのは確実である。

それを可愛そうと思うか、仕方ないと思うかだが。。。。

写真はラサール大学付属小学校だが、ここはオルチィガス通りのグリーンヒルズにあるが、登校時退校時は送り迎えの車で大混雑でこの時間は私はグリーンヒルズには行かない。しかしフィリピン小学校ではここが1番で有る。(学費は年間約50万円)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000