マニラ男の手料理・50年間1日も欠かさなかった飲酒を5日辞めて見た。

別に体が悪いわけでは無いが、考え方に変化が起きた。50年間1日も欠かさず続けた飲酒。何がそれをさせたのか? それは接待を伴った飲酒そして女、しかし、その接待が無いこの隔離4カ月での毎日の自分だけの飲酒。それは何なのか?ストレス回避? 何の目的か? アルコール依存症? 私はアルコール依存症なのか? では、理性で辞められないのか? いや理性で辞められれば、依存症では無い。そう思い辞めて見た。 結論としては、飲まなくても平気だという今の気持ち。 別に今後、飲まないと言う訳では無い。お酒は好きだし、辞める気も無い。しかし、今まで怖くて辞められなかった。自分が健康だと信じる為? 人と話し合う幸せの為? 接待をして自分を気にいって欲しいと思う為? 理由があるが、自分が4カ月、ただ自分の為に飲み続けるというのは、ただの依存症でしかない。自分が考えるのに、依存症に頼っている。楽しみと依存症を区別すべきであるという論理が生まれて、5日間辞めている。(笑)

世の中には様々な依存症があり、自分は自分の為に必要だと思っているが、第三者から見ると、また第三者を考えるのに、依存症と言う自己満足なのではないだろうか?

これは昨日言った、「変化の論理」である、この変革の社会を考える時に、自分が既存の依存に頼っていて良いのか?との思いで遣ってみた。飲酒は明日からスタートしようと思うが。。

故に今週はシンプル。そうめんやホウレンソウそば、しかし、クリームシチューと鶏胸のささ身中華風サラダは美味しかった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000