転機の到来。年金や給与がある人は良いが、最低12月までの手持ち現金の確保が必要。

イヤー、今年3月から既に5カ月間、8月10万人、9月に20万人感染者拡大のフィリピンでは、日本のように交通機関も動いていないので、今年の3月の段階では笑い事の様に言っていた12月までは仕事は出来ないと言う事が、かなり現実味を帯びて来た。1年収入が無い、補助金も無い、何にもない。フィリピン。1年間の収入が無く、しかし1年間の生活費は掛かる。また今後12月まで5カ月の生活費が掛かる。いや12月に成ったから来年から直ぐに動くかと考えると、そうでも無いであろう。

ただ支出を垂れ流す毎日。。。どうなるんでしょうかね。。私は今までの商売が、5年周期だったので、5年収入が無くても、次のチャンスを待つ形式のビジネスモデルだから、まだ良いのだけど、しかし、その5年先も見えなく成ってきている現状、これは私だけではなく大企業、中小企業(フィリピン、日本、他国も含めて)もそうだろうが、大企業もΠが大きいと、直ぐに赤字と成り、資金繰りが悪く成る。私のところも30名近い従業員の給与、賞与やその他を支払っているが、これがもし、来年も同じく難しいとなると、解雇を含む対処を考えなくてはならない。

これは飲食店がデパートがモールが。。という問題では無い。ロータリアンの中からも、フィリピン商工会議所の中からも悲鳴が聞こえてくる。しかしこの後遺症は、いや生活の異変はワクチンが出来ても元には戻らない。社会変革が生まれる。

その社会変革を考えないで、次のビジネスを考えられない。今まで遣ってきた事では生きられない。転機が訪れたのだ。2020年は人類に転機を与えた事に成る。 私も今までの論理を考え直す時が来た。日本でのビジネスも大きな修正が必要である。

今までと同じ事でメシが食えると思っている人は締め出される。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000